限られた小さな敷地に家を建てる狭小住宅を希望する方も増えていますが、なぜでしょうか?うまく計画し活用することで、一般的な住宅では得られないメリットが得られることが広く知られるようになったことが一因です。ここでは、知っておきたい狭小住宅のメリットについてお伝えしていきます。

■オンリーワン

狭小住宅は台形や三角地など、個性的な形をしている場合が多く、一般的な住宅を建てることは難しいケースがほとんどです。そのため、土地の形を活かしたオーダーメイド住宅の設計が欠かせません。ほかではみることのない住宅を手に入れたいと考えている方には大きなメリットです。設計士と何度も話し合いを重ねることで、家を建てるという実感を得たという声も聞かれます。

■ユニークな間取り

限られたスペースで広々と暮らすため、壁やドアだけでなく、階層で目線を変え部屋の仕切りとするなどユニークな間取りが多い狭小住宅。地下室を作って住空間を確保するというケースも!ワクワクするような家に住みたいという方にはこれ以上ないメリットとして映るでしょう。また、風や光が通りやすい設計であることが多く、清潔や健康を保ちやすいという一面もあります。

■家族の絆が深まる

一般的な間取りでは部屋が壁やドアでしっかりと閉じられており、部屋に入ってしまえばなかなか話す機会が持てない、部屋で何をしているか分からないですね。ですが、狭小住宅では、個人のプライバシーは守りつつ、お互いの気配を感じる距離感を保つことができます。子どもたちがいる家では、大きくなるまでは子ども部屋がリビングから見える設計にしているというケースもみられます。よく話し、触れ合った分だけ意思の疎通がしやすくなり、家族の絆が深まります。家族団らんの時間を過ごしたいという方にとっても狭小住宅は魅力的な物件といえるでしょう。

■立地の良い場所に暮らせる

土地の面積が狭いことはもちろん、なかなか売れない狭小地が値下げを繰り返して格安になっているケースも珍しくありません。都心で大きな土地を購入すると、それだけで予算オーバーになってしまうことも多々ありますが、狭小地ならサラリーマンでも購入しやすいというメリットがあります。都心にも狭小地は数多くみられ、通勤・通学しやすく、病院やスーパーなどが近い便利な場所も珍しくありません。交通の便がいい場所に住むなら車などを持つ必要もないため、購入費やガソリン代・保険代・車検費用などの出費とも無縁。2000年以降、都心回帰の動きが強まっていますが、都心での暮らしを検討しているなら、狭小地に着目してみるのもおすすめです。

■維持費が安い

長年住むと外壁の塗り直しや床の張替えなどのメンテナンスが必要になります。面積が小さい分、単価は高くなる傾向はありますが、トータルでは一般的な大きさの住宅よりも維持費を低く抑えることができます。

■光熱費も安い

コンパクトな空間なので空調も行き届きやすく、光熱費を低く抑えることができるのも嬉しいメリットです。

■コンパクトな暮らしができる

夫婦2人や1人暮らしの場合、それほど大きなスペースがいらないという方も多いですね。ミニマムな暮らしというのが流行っていますが、コンパクトに暮らしたいという方にはちょうどいいサイズ感といえるでしょう。掃除するのも楽チンで、キレイを保ちやすいというのも嬉しいですね。

■税金が安い

住宅を取得すると、財産を得たということになり「固定資産税」や「都市計画税」といった税金を支払う必要があります。実は、狭小住宅は「小規模住宅用地」とみなされ、広い土地よりも税率が有利になります。税率や広さは自治体によって異なりますが、

*固定資産税

・小規模住宅用地 評価額×6分の1=課税標準額

・一般住宅用地  (200平方メートルまでの部分の評価額×6分の1)+(200平方メートルを超える部分の評価額×3分の1)=課税標準額

*都市計画税

・小規模住宅用地 評価額×3分の1=課税標準額

・一般住宅用地  (200平方メートルまでの部分の評価額×3分の1)+(200平方メートルを超える部分の評価額×3分の2)=課税標準額

と、一般的な住宅よりも税金の計算の基準となる課税標準額を低く抑えることができるのです。そもそも面積が少ない上に優遇措置があるお陰でかなり負担を減らすことができるのは大きなメリットといえるでしょう。

■選択肢の1つである狭小住宅

小さいということに不安を感じる方も多いですが、分譲マンションと比べて遜色がない面積である場合がほとんどであり、慣れてしまえばそれほど気にならないでしょう。家族の絆が強まり、ランニングコストを抑えて生活できるというメリットはやはり魅力的!実際に狭小住宅を選択する方も増えており、対応している建築会社や設計事務所も多くなってきています。

★メタディスクリプション:

テレビや雑誌でよく見かける「狭小住宅」。わざわざ小さな家を選択するメリットとはなんでしょうか?疑問にお答えするべく、ここでは税金や立地など狭小住宅ならではのメリットについてお伝えしていきます。