格安航空(LCC)の予約

遅延・欠航のリスクを考慮した計画

LCC(格安航空)は、空港での待機時間を出来るだけ少なくし、ピストンで運行することで効率化を図っています。
また予備の機材がないので、到着便がない場合は、遅延、欠航のリスクは高いのが現状です。
最終便の場合は、到着する機材が遅延すると、最終離陸時間を超過するため、最終便が欠航になるのことが普通です。

仕事や結婚式など、絶対に遅れてはならない予定がある場合、遅延・欠航のリスクを考慮して計画をすることをお勧めします。
旅行先での予定は、出来るだけ時間に余裕を持った計画にしましょう。

基本的には早めの予約がお得

価格は残席数で変動します。LCCは、既存のエアラインとは、価格の体系に大きな違いがあります。
残席が少なくなればなるほど価格があがるので、一般的にLCCは早めに予約した方が安く手配できる傾向にあります。

また、同じ日でも、早朝便や夜遅い便は、価格が上がりにくい傾向にあります。

その他、頻繁に実施されるキャンペーンでは、さらにお得な金額で航空券が販売されます。
注意してチェックしてください。

子供は、満2歳から座席が必要

既存のエアライン(※スカイマークを除く)では、国内線については満3歳から座席が必要になります。
日系LCCは、満2歳から座席が必要になります。また、子供料金はなく大人と同額になります。
さらに、エアアジア・ジャパンは、2歳未満の膝上の乳幼児についても一律1,500円が必要になります。
該当する年齢のお子様がいる方は、注意が必要です。

予約はWEBが基本

予約は電話でも可能です。LCCは、電話のオペレーターを介在させると、手数料がかかります。
Web予約をすると、手数料がかかりません。
また既存のエアラインでは、座席指定は無料ですが、LCCでは、料金が必要になります。

また、受託手荷物についても有料になります。
受託手荷物は、当日空港で手配をすると高くつきます。

例:ピーチ・アビエーションの場合は、当日空港で預けると2100円/個、予約時にまとめて手配すると安いので得策です。
エアアジア・ジャパンは、重さで金額が変わるなど、運用は各社まちまちです。しっかりと確認をしましょう。

なお、ベビーカーについては、無料で預け入れが可能です。受託手荷物へのカウントは必要ありません。

座席は、シートピッチが、狭く、男性や大柄の方、膝上の赤ちゃんがいる場合は、窮屈に感じると思います。
各社とも足元の広い非常口付近などの席をプラス料金で利用できるので、検討してみてもいいでしょう。
ただし膝上の赤ちゃんがいる場合や子供については、非常口付近の席は利用できません。
唯一ピーチ・アビエーションには、最前列に足元が広く子連れも利用できるストレッチシートがあります。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ